あなたにもできる!一棟マンション投資に役立つ新情報をご紹介

男性

賃料収入の安定化を望める

内観

全ての一括借り上げ契約には家賃見直しがあります。家賃見直しは定期的に相場に合わせて家賃を変更するため、収入が変動するリスクがあることに注意しておきます。一括借り上げの賢い活用テクニックのためには、賃貸物件の資産価値を十分に知っておくことです。価値に応じて一括借り上げの必要性を判断します。

Read More

安定性が魅力の投資

集合住宅

マンション投資は管理会社に物件の管理を任せることで不労所得を得ることが可能です。そして、物件の購入にローンを利用出来るため、初期費用を安くすませられます。心配となるその後のローン返済ですが、家賃収入を返済に回すことが出来るため、自己資金を削ることなく、長期に渡り安定した利益を得ることが出来ます。

Read More

安定収益を重視した商品

部屋

不動産を対象とした投資信託の一種が「みんなで大家さん」です。投資対象は安定した収益性が望める物件を中心に、様々な種類の不動産を過去には投資対象としているのが特徴です。「みんなで大家さん」に出資して収益を上げる場合、扱っている運用商品を知る工夫が大切です。なぜなら収益性は商品ごとに違うためです。

Read More

賃貸経営のノウハウ

アパート

賃貸経営を始める場合には、物件の立地条件にこだわることも重要ですが、しっかりとした建物であることも重視するべきです。マンションであれば鉄筋コンクリート構造なので、木造のアパートよりも耐用年数が長いです。区分所有権を購入するよりも一棟全体を購入したほうが効率的なので、一棟マンション投資を行う人の増加も著しいです。一棟マンション投資を始める場合の資金は1億円以上のケースが多いですが、地域によっては3000万円程度の資金でも物件を購入できるでしょう。したがって一棟マンション投資のハードルは低いので、将来的にも有望な個人向けの資産運用のスタイルです。物件探しから管理まで一元的にサポートする不動産会社も多いために、賃貸経営への新規参入も容易です。

価格や築年数や利回りが、購入対象を絞り込むときの代表的な指標です。収益物件の情報サイトでも個別の物件のデータを詳しく紹介しているので、一棟マンション投資に適した物件もすぐに見つかるでしょう。オーナーチェンジ物件は購入直後から家賃収入が得られるのが魅力ですが、満室経営を続けるには投資家の努力も必要です。建物が古くなると稼働率が下がる傾向があるので、定期的なリフォームによって物件の魅力を高めるのが理想的です。不動産としての価値がある物件を手に入れることがマンション投資の基本であり、特に立地条件を重視した物件選びが肝心です。資産価値の高い物件は担保として活用できるので、将来的な不動産投資拡大の際にも役立つでしょう。