あなたにもできる!一棟マンション投資に役立つ新情報をご紹介

ウーマン

安定収益を重視した商品

部屋

不動産の投資信託の一種

出資者からお金を募った上で、運営会社が選定した不動産物件に投資し、その賃貸利益を出資者に分配するのが、「みんなで大家さん」で、いわゆる投資信託の一種にあたります。投資対象になる不動産は商業施設やホテルといった物件が多いです。過去の投資対象を見ると、地熱発電所や物流倉庫などの物件もあり、運営会社が利益を出せると判断した物件は幅広く扱う傾向が「みんなで大家さん」にはあります。出資金は一口100万円と、不動産の投資信託としては比較的低額です。このため出資者は年齢層や職業などの属性も幅広い傾向が見られます。利益分配金の利回りはおおよそ6%前後が多く、不動産投資としては一般的な数字です。このように「みんなで大家さん」は利回りの高さよりも、安定運用を重視する投資信託です。

運用商品を知るメリット

どういった不動産商品が投資対象になっているのかを把握しておくことは、「みんなで大家さん」で利回りを大きく得るためには重要なことです。なぜなら「みんなで大家さん」は毎回の出資者募集ごとに扱う商品が大きく異なるためです。そこで考えたいのが、「みんなで大家さん」が扱う商品を把握して、利回りが想定通り、あるいは想定以上の商品を分析することです。過去に「みんなで大家さん」が募集した不動産投資対象の利回りは、物件によって数%の差異があります。元本割れは今まで起きていませんが、そのリスクも考慮しつつ利回りの良い物件に投資することで高収益を狙えます。どういった不動産商品が現在投資対象になっているかは、「みんなで大家さん」の公式サイトや、資料などから逐一分かるため、収益な望めそうな物件のチェックを欠かさないようにするのが、運用に際してできるポイントです。