あなたにもできる!一棟マンション投資に役立つ新情報をご紹介

ウーマン

賃料収入の安定化を望める

内観

家賃見直しは収益に影響

不動産管理会社等が転貸のためにオーナーから物件を借りて、それを貸し出すのが一括借り上げです。業者がアパートやマンションなどを丸ごと借り上げてくれるため収益面では安定しますが、一方で定期的な家賃の見直しが行われるので覚えておきましょう。家賃見直しは一括借り上げで不動産会社側が持つ権利の1つです。ほとんどの場合は見直しは2年に1回行われ、そのときに周辺地域の賃貸相場と比較して、その相場に見合った賃料に変更をします。周辺地域の賃貸相場が上昇していれば、一括借り上げをした物件の賃料収入も上昇する可能性がありますが、実際には多くのケースでは賃料を引き下げが起こります。その理由は物件の築年数が経過して、資産価値が減じるためです。このため一括借り上げで物件を運用する場合、将来の賃料収入の変化を織り込んでおくべきです。

物件の価値を知っておく

全ての賃貸物件が一括借り上げをした方が収益が上がる訳でもなく、必要に応じて契約を不動産会社と結ぶかどうかケースバイケースで判断をするのが理想的です。一括借り上げの必要性を判断する重要な要素となるのが、賃貸物件の資産価値です。例えば立地が駅前や商業施設の近くといった良い場所にあり、入居者が宣伝をしなくても望めるような場所ならば、一括借り上げの必要はありません。なぜなら一括借り上げは家賃保証がある点が大家にとっての利点であり、空室が生じないような好立地ならば手数料を支払ってまで、家賃保証を受ける必要がないためです。そのため一括借り上げを検討するときは、まず自分の所有する賃貸物件の資産価値を十分に把握してから判断を下すことが、上手な一括借り上げの活用テクニックに繋がります。